ワーキングプー太郎

働く貧困層のリアルとそれほど悲観していないその本人

真面目な話

2016 その2

2016/12/26

振り返るパート2

こんばんは。じやです。少しずつ今年を振り返るやつの続きです。パート1はこちら

今日は春の終わりから夏頃の話。何してたっけな。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フリーター、パソコンを買う

5月頃、友達(はいはいもちろんナリ君ですよ)からパソコンを買いました。厳密にいうとナリ君の知り合いがパソコンの買い手を探していて、「じやどう?」と声をかけられたのですが、何とその額3万円!!
二つ返事で「買うー!」ですよ。それまで使っていたのが10年前のボロボロのVAIOだったので。
安すぎない?いいの?とも思いましたが、たぶんこれが8万円くらいだと買わなかったと思うんです。3万円でもいいから、パソコンを手放してでも現金が必要な人がいると考えれば、今すぐ絶対必要ではないけど3万円ならパソコンを買う人がいてもいいわけで、買い叩いたわけでもないのでただただお得な買い物だったという話です。

ちなみに後日聞いたのですが、本当は3万円より少し高くナリ君が買い取っていたようで、「その差額を俺が出してでもじやにパソコンを持たせた方が面白いと思った」と言われました。世にも稀な損する仲介人です。
そのパソコンがあって今こうやってブログを書けたりしていると思うと本当にありがたいです。もっと面白い事をやっていこうと思います。

一番大きな出来事

夏の初めに伯母さん(母の実姉)が亡くなりました。最後に会ったのは1月の末に実家に帰った際に、お見舞いに行った病院でした。その時言われた「あんたの事だけが心配」という言葉が忘れられません。すぐさま妹(つまり私の母である)に「それよりあんたの息子(つまり従兄弟)やろ」と言われ談笑で終わりましたが。

お葬式では受付けをやらせてもらって、その都合で一番最後にお焼香を上げさせてもらったのですが、伯父さんが「最後にいきなり出てくるから」という、今考えれば謎の理由で笑ってしまい、少し場がフワッとしましたが、なんにせよ昔から誰かを笑わせるという、親戚の中で最後までそういう役回りであることに救われました。

なんか思い出して涙が出そうなのでこの話はここまで。プライベート過ぎますしね。

モンスターバッシュ

今年はひとつも夏フェスに参加しませんでした。毎年夏に帰省する度、香川県で開催されるMONSTER baSHという野外フェスに気付けばもう10年連続で行っていたのですが(そしてうどんをたらふく食べて帰ってくるというスタイル)、いつも一緒に行っていた地元の親友が父親になったため卒業です。
少し寂しいけれどこればかりはそうも言ってられないので。去年はこれが最後だろうと思って散々楽しんだし、今までありがとうという気持ちですね。

つづく

思ったより長くなりそうなのでシリーズ第二弾はここまで。ブログ始める前も色々あったんだなと思い出せて感慨深いです。

続き←(アップしたのでリンクを貼りました)

ランキング




ランキングサイトに参加中です。
1日1クリックで喜びます!
よろしくお願いします( ・`ω・´)

LINEで送る

-真面目な話