ワーキングプー太郎

働く貧困層のリアルとそれほど悲観していないその本人

真面目な話

ワーキングプー太郎のブログ論

2016/11/23

誰かに見つかりたい

こんばんは。じやです。まだまだブログを始めて日が浅いのですが、なぜでしょうね、「どうせならもっとたくさんの人に読まれたい」と思ってしまうのは。
まあ、誰にも読まれたくないならわざわざ世界中からアクセスできるインターネットに日記を書くこともないですね。つまり「そもそも誰かに見てほしい」という意識があったのでしょう。「ブログやってみよ」と思った時点で、いやもっと前からずっと。
自己顕示欲とか承認欲求とか、きっと誰もが持っているものでしょうね。

他人のブログをよく読むようになって

元々活字を読むのは好きなので色んなブログを読むのは楽しいです。
人気のあるブログ(芸能人は除く、あの方達は名前だけである程度は読まれるので)とはどういったものなのかと、ネットサーフに次ぐネットサーフをした結果、大体は「ただただ面白いブログ」と「稼いでいるブログ」の2種類だなと思いました。

面白いとは

「面白い」が自分の中で最大の賞賛に値しているので誤解を招きやすいのですが(関西人の悲しい性やな)、「為になる情報の発信」や「専門分野に長けている」なども面白さの一つですね。「興味深い」の意味の「面白い」です。
その他だと文章の言い回しが独特な人、例えツッコミが秀逸だったり急に難しい言葉を綺麗に使いこなしたり、なんということもない話題をおもしろおかしく表現できる人はやっぱり人気があるなあと思います。
「この人の文章なら何の話題でも読んでみたい」と思わせたら勝ちであり、そこに確かな価値が存在するということです。
ああ、面白い人になりたい。

稼いでいるとは

これは少し難しいですが「ブログの収益化」に励んでいる人がいかに多いかを物語っています。いわばブログで稼いでいる人が「ブログで稼ぐためにやるべきこと」を書いているブログですかね。先ほどの「面白い」に通ずる、「為になる」や「専門分野に長けている」の最たるものかなと思います。ただやはり、最後には有料のメルマガやサロンへの誘導をしている人が多いので純粋なブログ人気とは違うのかなとも思います。本当は狭い世界。

考えたフリをしながらも

やっぱり「書きたいことを書きたいように書く」という身も蓋もない結論に至りました。好きなこと、書きたいことを書いているときが一番楽しいし、例えばこのブログでGLAYについて書いたりしていると、ほんの少しだけGLAY関連の検索で辿り着く人も最近出てきたのですが、こういった目に見える結果は本当にテンションが上がります。
「自分が楽しめること」はやっぱり一番大事。
これからも好き勝手に書きたいことを書いていくと思います。

ランキング




ランキングサイトに参加中です。
1日1クリックで喜びます!
よろしくお願いします( ・`ω・´)

LINEで送る

-真面目な話