ワーキングプー太郎

働く貧困層のリアルとそれほど悲観していないその本人

真面目な話

ここ数年のハロウィンの盛り上がりは異常

2016/12/01

資本主義のえげつなさの成れの果て

秋は大人しく過ごしたいです。こんばんは。じやです。

10月も終わりが近づき街はハロウィンムードですね。もう最近では言い尽くされた感がありますが、タイトル通り「異常」です。
夏休みからクリスマスまでの真ん中あたりにちょうどいい「騒ぐ理由」「消費を煽る理由」を見つけたなと感心しますが、形から入る日本人の悪いところ、『他民族へのリスペクトが皆無な感じ』が個人的にダメです。

ハロウィンの起源

「ハロウィンとはそもそも何なんだ?」と少し気にして調べてみれば答えはいくらでも出てくる便利な時代です。「死者の魂が帰ってくると言われている日」くらいのことはすぐに出てきます。
仮装についても「その時紛れて悪魔とかもやって来るから仲間っぽい格好をして襲われないようにする」のが起源なんだそうです。
が、なぜかここ日本では行き着く果てがコスプレ☆パーリー!せめてお化けか妖怪の類いにして!ナースやアニメキャラ、ポケモン果ては映画泥棒なんて意味がわからないよ!(汗)

取り乱しました。

でも例えば外国人が

「日本の『OBON』はキューカンバやエッグプラントで乗り物を作って遊ぶイベントなんだろ!ボクは飛行機を作ったよ!最高にCoolさ!HAHAHA!」

なんて言ってたら少し悲しいですよね。イラっとしますよね。中には許せない人もいるかもしれません。しかしそういうことをしているのが日本のハロウィンなのだと思います。

反対意見ばかりでもない

と、ここまで書いておいてなんですが、仮装していつもと違う自分になって、ストレスを発散して次の日からまた仕事に励む人とかがいるのならそれはそれで素敵な息抜きなのかなあとも思うので、そこまで目くじらを立てて怒っているわけではないよ、ということを述べさせて頂いてこの投稿の結びとさせていただきます。(最後どんな言葉遣いやねん)

ランキング




ランキングサイトに参加中です。
1日1クリックで喜びます!
よろしくお願いします( ・`ω・´)

LINEで送る

-真面目な話
-