ワーキングプー太郎

働く貧困層のリアルとそれほど悲観していないその本人

GLAY LIVE 趣味の話

「私たちは!」「Xです!」

2017/01/11

無敵と書いてエクスタシー

vjs1014

ライブに行ってきました。こんばんは。じやです。

VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 powered by Rakuten』
日本最大のヴィジュアル系音楽フェスの初日です。

この日は13時間くらい幕張に滞在していたので書きたいことは山ほどあるのですがキリがないので、かい摘んで特に大好きなGLAYLUNA SEAX JAPANについて少し書かせて下さい。(この3バンドの競演を見ることが出来る、ということで初日への参加を決めました。)

GLAY

もはや『じや=GLAYオタク』は説明を要しないと思いますが、GLAYから入ってX先輩、LUNA SEA兄さん、と遡った自分としてはこの日はとても感慨深く、そしてある意味新鮮な気持ちでステージを見ていました。
特筆すべきはhideさんへの感謝を込めた「Joker(X JAPAN)」のカバー。こういうことをしてくれるからこのバンドを愛さずにはいられないんだなあとつくづく思います。それにしても最近GLAYのライブに行くと必ずと言っていいほど泣かされるのですがまさか今回Xのカバー(しかもノリノリの曲)で泣かされるとは思いませんでした…。末恐ろしいバンドや…。
火柱やCO2の演出もこの日はGLAYからだったと思います、イベントが本気出してきた感がひしひしと伝わってきます。

LUNA SEA

全員白装束!これはエクスタシーサミットを彷彿とさせる!(前の日にYoutubeで予習しました)
LUNA SEAは本当に演奏が凄い。うまく言えないけれど音の像が他のバンドとはまったく違う。そしてメンバー全員がカッコつけまくっててそれが本当にカッコいいのが凄い(真矢以外)。これぞヴィジュアル系!と思わせてくれる(真矢以外)。
去年のLUNATIC FEST.のときにも強く感じたことですが、一度終幕を迎えたバンドが復活して、今の時代に存在してくれていることがとても嬉しいです。こんなラインナップのイベントなんて、例えば10年前だと考えられなかったことなので。

X JAPAN

Xも一度解散して、他界してしまったメンバーもいて、それでもまた集まって、最近まで入院していたメンバーもいて、いろんなエピソード、言ってしまえば「伝説」が数えきれないほどあるのですが、一曲目「JADE」が始まりToshIが歌い始めたとき「今が凄いから、凄い!!」と、わけの分からないことを思ってしまいました。
歴史が説得力を帯びさせるのはもちろんあるけれども、それにより高くなるハードル(昔の方がよかった、衰えたなどの批判は誰もがしたがると思います)をいとも簡単に飛び越えて今のX JAPANが凄い。
もはやあまり語る方が無粋なのでこの辺にさせて頂きたい。

究極にまとめると「嬉しい!」(シンプルですね)この一言に尽きます。

実に有意義な休日になりました。明日からも頑張れそうです。

ランキング




ランキングサイトに参加中です。
1日1クリックで喜びます!
よろしくお願いします( ・`ω・´)

LINEで送る

-GLAY, LIVE, 趣味の話
-, , ,